私の布団一式の洗い方

ここのところ暑い日が続きますが、夜中も寝苦しくお過ごしの方も多いのではないでしょうか。
冬用の布団のまま、この暑い時期に睡眠をとってしまうと、寝汗で朝になると体がぐちょぐちょになってしまうので、やはり、夏は夏で、タオル地の掛布団や綿の敷布を使って、睡眠をとることをお勧めします。

そこで、冬の間使っていた布団はまた冬が来るまで仕舞っておくことになるわけですが、お風呂に入った後に就寝する習慣の方でも、入浴で一日の老廃物がすべて取り切れるわけではないので、その布団を使っている間に徐々に汚れが布団にしみついていきます。ですので、私は布団をしまう前に一度は洗ってしまうことにしています。

私はバスタブを利用して、掛け布団も毛布も敷布団も踏み洗いをしていますが、綿入りの布団ですと、洗ったあと乾き切るまでに時間がかかるうえ、乾かしている間に綿にカビが発生してしまったりと始末が良くないので、自力で布団を洗うことを念頭に入れ、中綿がポリエステル製の敷布団や掛け布団を買うようにしています。ポリエステル製の布団の方が布団を干すときに水を吸っていても、綿入りの布団と比べると軽いので、作業も楽に感じます。

次に踏み洗いの仕方ですが、この時は残り湯などを使って経済的に済ませるようにしています。残り湯の中に洗いたい布団を入れ、全体重をかけて踏み洗いをするのですが、この時は一気に汚れを落としたいので、たいていの場合は重層か苛性ソーダを残り湯の中に入れ踏み洗いをしています。その効果か踏み洗いを初めて5分もしないうちに水が澱んでくるので、そうなったら布団を水から出して、あらかたの水を切ってから洗濯機で仕上げのすすぎと脱水を行います。それが済んだら、日光に当たるところで、布団を干し、乾くまで放っておきます。

あまりお金のかからない方法なので、それほどの重労働感も感じずに布団洗いが出来ますので、お勧めです。