家を選ぶ決め手となったもの

昨年、マイホームを購入した。それまでには、色々なハウスメーカーを回って様々な家を見せてもらった。どの家もそれぞれ、とても素敵に見えた。

キッチンは広い所がいいなぁ。
和室はやっぱり必要でしょ!
日当たりも大事だよね。
一人になれるスペースも欲しいなぁ。
家を見れば見るほど、夢は膨らんでいった。
数ヵ月後、候補は2件に絞られていた。

一つは、とても暮らしやすそうな近代的な家。庭に面した、リビングと一続きの畳スペースが魅力だった。夏は窓を開けて畳に腰掛けて、花火をしたりちょっとしたバーベキューをするイメージが湧いた。とても安心感のある家だった。

もう一つは、全く趣の異なるログハウスの注文住宅だった。モデルハウスは、壁も床も全て木でできていて、開放的な印象だった。棚を付けたり、ハンモックを吊るしたり、何でもできそうな所が魅力だった。完成された家とは違い、自分たちで家を作る感じがしてワクワクした。

正直、どちらも素敵で決められなかった。特に、ログハウスに住むなんて考えたこともなかった。虫が湧いたりしないだろうか、お手入れはどうやってすればいいの?どれくらいの期間住めるものなんだろうか。

そもそも安らぎの場である家で、そんなに冒険していいものなの?不安な点がたくさんあった。でも、そのモデルハウスには、そんな不安を上回る楽しさがあった。

最終的に、決め手となったのはその「楽しさ」だった。暮らしやすさもとても捨てがたい。だって、死ぬまで毎日暮らすことになるのが家なんだから。でも、一度しかない人生、後悔したくない。

そのハウスメーカーには実績もあった。全国展開しているし、メーカースタッフも親切で信頼できる。もちろんそういった裏づけがあったからこそ、踏み込める冒険ではあったけれど。

このメーカーで建てた家に住むことを考えるとワクワクする。この家のローンのためなら、頑張って働ける。そう思った。

今は、自分たちの家をとても誇らしく、自慢に思う。フローリングより濡れ染みが取れなかったり、木目が虫に見えてギョッとしたりと困ることもあるけれど、それも含めて自分たちの家なんだと思う。

私の家を選ぶ決め手は、他の人から見ると不真面目に思えるかもしれないが、とてもいい選択だったと声を大にして言いたい。