ハウスメーカー選びは施主とのセンスの一致が重要!

都内夫婦二人で賃貸マンション暮らしだったのですが、ふとしたきっかけ(TV)で、住宅展示場を見に行くことになりました。

さまざまな住宅メーカーの豪華絢爛なモデルハウスが建ち並ぶ展示場に夫婦二人でテンションがあがってしまい、すべてのハウスメーカーの住宅をくまなく見て回るという、なかなか今ではできない体力の使い方をしました。

メーカーによっては甘い言葉で話をドンドン進めていこうとしましたが、私たちはとにかく自分たちのセンスにあった、ハウスメーカーにしぼり、具体的な話を聞くことにしました。

そのメーカーとは、旭化成のヘーベルハウスと、住友林業です。どちらもあとで知ったのですが、坪単価が高く、かなり高級な部類のハウスメーカーだったようです。

どうりでセンスや内装がいいわけです。後日、私たちの希望を伝え、間取りなどのプレゼンをしていただきました。

土地は祖父から相続するものがあったので、費用は建物のみ。どちらも甲乙付けがたいプランだったのですが、費用の面をしっかり考慮してくれて、外観が好みだったヘーベルハウスにお願いすることにしました。

このあたりで、展示場の建物は、そのほとんどがオプション費用の内装外装だということに気づき、いかに予算内で、標準の内装外装プランでステキに仕上げるかが鍵となりました。

力をいれるところは入れて、必要ないところはあっさりいく、という風に割り切って考えないと、とんでもない金額に跳ね上がってしまうので、営業さん、建築士さんと、毎週末綿密な打ち合わせを続けました。

私たちがこだわったのは、展示場でもみた、吹き抜けと三階建てです。

おかげでその両方を叶えたすてきなプランが完成しました。そこからかなりそぎ落として、なんとか予算内に落ち着きました。

あやうく途中で地盤改良費がかかりそうになったのですが、2度にわたる調査で、必要なしとなり、難を逃れました。

やはり、ハウスメーカー選びは、営業さん、建築士さんと、施主のセンスの一致だと思います。言わずもがな、というやつでしょうか。

ぜひお互い納得のいくまで話し合って、素敵なマイホームを建築してみてください。

注文住宅の打ち合わせ

マイホームを建てるための打ち合わせをしています。
土地が決まり、いよいよマイホームの間取りを考え始めました。

まずは、私たちの希望を書いてきてくださいとのことで、どんな感じにしたいのかとか、趣味や家族構成、2階建てにするかとか、1階にはどんな部屋を作りたいかなど、いろいろな問いがあり、それを主人と話し合い記入しました。

そして、建築会社の展示場で、担当者と打ち合わせをしました。
一つずつ確認しながら見て行きました。

土地の広さや形を見ながら、それに合わせて簡単な設計をしてくださいました。
あまり広い土地ではないので、やはりすべてが希望通りにはいきそうにありませんが、できる限り私たちの希望を聞いてくださる感じでしたよ。
和室を作るか作らないか、和室か、玄関を入ったところの土間を作るかどちらを優先させるかなど、いろいろと細かいところまで聞いてくださいました。

後日、たたき台として、設計図を書いてきてくださり、それをまた一緒にチェックしていきました。
イメージ通りの感じになっていて嬉しかったです。
私たちの希望通りのものはプラン1ということで作ってくださり、もう一つの案がありそれはプラン2で作ってくださいました。
話を聞くとそれもいいかなと思いました。

どちらにするかは、その場では決めることができなかったので、次の打ち合わせまでに決めてきてねとのことでした。
専門家からアドバイスいただけるととても参考になるなと思いました。

イメージがわききらず、どうかなと思いながら聞いていましたが、設計者の方が、リビングに入ったところから見た感じとか、フリースペースはこんな感じなど、自分で絵をかいてくださいました。
とても分かりやすくて、イメージがわきました。
まだまだ本決まりではなく、これからたくさん変更もあると思います。

自分たちの思っていることもちゃんと伝えて、満足のいくおうち作りができたらいいなと思います。
毎回楽しみです。

私の布団一式の洗い方

ここのところ暑い日が続きますが、夜中も寝苦しくお過ごしの方も多いのではないでしょうか。
冬用の布団のまま、この暑い時期に睡眠をとってしまうと、寝汗で朝になると体がぐちょぐちょになってしまうので、やはり、夏は夏で、タオル地の掛布団や綿の敷布を使って、睡眠をとることをお勧めします。

そこで、冬の間使っていた布団はまた冬が来るまで仕舞っておくことになるわけですが、お風呂に入った後に就寝する習慣の方でも、入浴で一日の老廃物がすべて取り切れるわけではないので、その布団を使っている間に徐々に汚れが布団にしみついていきます。ですので、私は布団をしまう前に一度は洗ってしまうことにしています。

私はバスタブを利用して、掛け布団も毛布も敷布団も踏み洗いをしていますが、綿入りの布団ですと、洗ったあと乾き切るまでに時間がかかるうえ、乾かしている間に綿にカビが発生してしまったりと始末が良くないので、自力で布団を洗うことを念頭に入れ、中綿がポリエステル製の敷布団や掛け布団を買うようにしています。ポリエステル製の布団の方が布団を干すときに水を吸っていても、綿入りの布団と比べると軽いので、作業も楽に感じます。

次に踏み洗いの仕方ですが、この時は残り湯などを使って経済的に済ませるようにしています。残り湯の中に洗いたい布団を入れ、全体重をかけて踏み洗いをするのですが、この時は一気に汚れを落としたいので、たいていの場合は重層か苛性ソーダを残り湯の中に入れ踏み洗いをしています。その効果か踏み洗いを初めて5分もしないうちに水が澱んでくるので、そうなったら布団を水から出して、あらかたの水を切ってから洗濯機で仕上げのすすぎと脱水を行います。それが済んだら、日光に当たるところで、布団を干し、乾くまで放っておきます。

あまりお金のかからない方法なので、それほどの重労働感も感じずに布団洗いが出来ますので、お勧めです。

子どもと過ごす広々リビング

我が家は中古一戸建て住宅のため、自分達でこだわりを持って建てた家とは違います。

間取りや内装は自分達のこだわりが反映していないかもしれませんが、それでも、今ある家を自分達の生活に合わせて快適に過ごせるように試行錯誤中です。

その1つとしては、リビングダイニングの使い方です。

4畳ほどのカウンター式キッチンを挟んで、我が家のリビングダイニングは15畳ほどの広さです。

リビングに和室は併設されていないので、広くもなく狭くもなくの広さといったところ。

子どもが小さいうちは、子どもが走り回ったりとのびのび過ごすことができるように、必要最低限の家具しか置いていません。

子どものおもちゃ入れとして3段のカラーボックスを2つと、小さめのTV台。ソファーも2人用のローソファー。

小さめのローテーブル置いて、ダイニングテーブルは、部屋の隅に追いやり、イスも一脚のみ。

そのおかげでか、リビングダイニングは広々と感じ、子どもが飛んだり跳ねたり、走り回っても大丈夫なスペースがあります。

2歳の息子のお友達が数人、遊びにきても、みんなで走り回っていても、ママ達は優雅にお茶を飲めるスペースがあります。

決して、大人にとってはソファーに座ってゆったりとテレビを見ることもできないし、ダイニングテーブルで落ち着いて食事をできるわけでもないので、快適ではなく、おしゃれなインテリアでもありません。でも子どもと過ごすならば、この最低限のコンパクト家具が今の我が家にとっては広さを確保するためには最適です。

いつか子どもが大きくなったら、大人にとっての快適なリビングダイニングに模様替えをしたいな、と夢見る日々。

その時は、ダイニングテーブルもソファーもTV台も買い替えて、統一感のあるおしゃれインテリアを目指したいと思っています。

そのためにもしっかりと買い替え費用を貯めておこうと、思っています。

家を選ぶ決め手となったもの

昨年、マイホームを購入した。それまでには、色々なハウスメーカーを回って様々な家を見せてもらった。どの家もそれぞれ、とても素敵に見えた。

キッチンは広い所がいいなぁ。
和室はやっぱり必要でしょ!
日当たりも大事だよね。
一人になれるスペースも欲しいなぁ。
家を見れば見るほど、夢は膨らんでいった。
数ヵ月後、候補は2件に絞られていた。

一つは、とても暮らしやすそうな近代的な家。庭に面した、リビングと一続きの畳スペースが魅力だった。夏は窓を開けて畳に腰掛けて、花火をしたりちょっとしたバーベキューをするイメージが湧いた。とても安心感のある家だった。

もう一つは、全く趣の異なるログハウスの注文住宅だった。モデルハウスは、壁も床も全て木でできていて、開放的な印象だった。棚を付けたり、ハンモックを吊るしたり、何でもできそうな所が魅力だった。完成された家とは違い、自分たちで家を作る感じがしてワクワクした。

正直、どちらも素敵で決められなかった。特に、ログハウスに住むなんて考えたこともなかった。虫が湧いたりしないだろうか、お手入れはどうやってすればいいの?どれくらいの期間住めるものなんだろうか。

そもそも安らぎの場である家で、そんなに冒険していいものなの?不安な点がたくさんあった。でも、そのモデルハウスには、そんな不安を上回る楽しさがあった。

最終的に、決め手となったのはその「楽しさ」だった。暮らしやすさもとても捨てがたい。だって、死ぬまで毎日暮らすことになるのが家なんだから。でも、一度しかない人生、後悔したくない。

そのハウスメーカーには実績もあった。全国展開しているし、メーカースタッフも親切で信頼できる。もちろんそういった裏づけがあったからこそ、踏み込める冒険ではあったけれど。

このメーカーで建てた家に住むことを考えるとワクワクする。この家のローンのためなら、頑張って働ける。そう思った。

今は、自分たちの家をとても誇らしく、自慢に思う。フローリングより濡れ染みが取れなかったり、木目が虫に見えてギョッとしたりと困ることもあるけれど、それも含めて自分たちの家なんだと思う。

私の家を選ぶ決め手は、他の人から見ると不真面目に思えるかもしれないが、とてもいい選択だったと声を大にして言いたい。